黄金の丘で君と転げまわりたいのだ―進めマイワイン道!

本書は作者が食文化研究家である岡元恵理子さんに指導を受けながら、自分なりのワインの道を突き進む一冊です。

構成は、しをんさんを筆頭にポプラ者の編集者の方々と受けた「ワイン講座」の体験談があり、その中では指導にあたった岡元さんが講座で扱うワインの解説をしてくれます。
ただ、体験談では普段のエッセイと同じく大好きなアルコールを好き放題に楽しむ様子が書かれており、これだけ読むと普通のエッセイと同じ様に感じます。

また、作者も冒頭で自分はるアルコール好きですが、銘柄や産地を覚えるのは難しいと書かれています。
せっかく一冊まるごと費やしているのに勿体ないと思いますが、そんな作者だから難しい銘柄が多いワインの話も堅苦しく感じませんでした。

本格的にワインの勉強をしたい人には向いていませんが、ワインの基本的なことを楽しく勉強したい人にはオススメです。
もちろん、共著している岡元さんの解説編では講座の内容が細かく説明されており、ワインを楽しむための基礎知識が学べます。
巻末にはワインの歴史に特徴、それから買ったり店で探す際の基礎知識の「まとめ」のページがあります。
これを読むとワインが飲みたくなりますね。

初版:2011年12月/ポプラ社(岡元麻理恵との共著)

まほろ駅前シリーズ

神去シリーズ

小説一覧

エッセイ一覧

インタビュー集

このページの先頭へ